淫習の村~籠目の儀式~

会員限定で全話無料!!
▽ 画像をクリック ▽

▲ ▲ ▲
無料試し読みも出来きます。



⇒ まんが王国 全話無料まんが紹介 (オトナ2016年版)


【画像】淫習の村 8話ネタバレ感想!もっとイジメてください・・

淫習の村~籠目の儀式 8話 第6話目

 

村を逃げ出し、辿り着いた村は
なんと子離れの村。

 

ここのしきたりでは、妊娠している
ことは許されないということ・・・。

 

翁面「置いていくというなら、私らが協力してやろうじゃないか」

陽菜「わたしどうなっちゃんだろう。わたし・・。」

 

儀式がはじまり、翁面をつけた
男たちが歌い始めたのが

「はないちもんめ」

 

翁面「かーって嬉しい花いちもんめ」

陽菜「えっ」

翁面「まけーて悔しい花いちもんめ」

翁面「あのこが欲しい、あのこが欲しい、相談しましょ、そうしましょ」

 

非常に不気味で恐ろしいです。( ̄◇ ̄;)

 

陽菜「逃げられないんだ・・・」

清めの儀式として、こけしを挿れられる陽菜

入れた状態で一晩入れ続けるという
酷いもので、付き添いの人が
ずっと動かしている模様・・・。

 

もう、変過ぎます!!この村人達。( ̄◇ ̄;)

 

変態を通り越して犯罪者の
集団のように思えてきました。

 

 

陽菜がかわいそうで、なんだか
読むのが辛くなてきたのですが(*^_^*)

 

どういった結末になるのかが
非常に気になるので読んでしまいますね^^

 

 

どうか、陽菜の悪い夢であったらいいの・・・と
思ってしまうのは私だけ??でしょうか。

 

こけしを挿入されるシーンは、非常に興奮
してしまいました(=^・^=)

 

とうとう、8話目の終わりには
陽菜は壊れてしまいます(*^_^*)

 

 

陽菜「もっと・・・陽菜のこと・・・いじめてください・・・」

( ̄◇ ̄;)

 

 

とうとう、こうなってしまいましたね。
今後の展開が非常に楽しみですが

 

なかなか9話の配信はありません(=^・^=)

この淫習の村~籠目の儀式(よくしゅうのむら、かごのめのぎしき)の
続編情報求むです!!

 

現在、まんが王国の会員になると、「淫習の村~籠目の儀式」の
全話1話から8話まで全巻無料で読むことが出来ます(*^_^*)

 

しかし、最近になり2016年の1月15日までの
期間限定と書かれているので、もしかして15日移行に
新刊の9話が配信されるかも?

この記事を書いているのが、2月29日ですが、まだまだ
全話無料で読めます。

 

⇒ 本編はこちら(まんが王国)

無料試し読みも読めます(*^_^*)

 

作者の塩子さんは、もう一つの作品「2段ベッドの兄妹-ギシギシえっち」の
ほうも、ずいぶん更新が止まっていますよね。

こちらも8話で、1年以上止まっているような・・・。

 

絵も綺麗で、このドキドキさせる展開は、塩子さんしか書けない漫画ですので
是非、続編をお願いしたいですよね(*^_^*)

 

⇒ 本編はこちら(まんが王国)

無料試し読みも読めます(*^_^*)

淫習の村(いんしゅうのむら)8話 淫習の村と滅びの村との関連性は?

「置いていきます」

“穢れ”を置いていくか、いかないかの選択を迫られていた陽菜。

進退窮まる中、決断したのは置いていくこと。

 

「置いていくというならあたしらが協力してやろうじゃないか」

「さあ、準備だよ」

 

「かーって嬉しい花いちもんめ」( ´△`)

「まけーて悔しい花いちもんめ」( ´△`)

 

「えっ…なにこれ?なにこれ…?」( ; ゜Д゜)

陽菜にとって全く予測の範疇を超えているのはただただ恐怖でしかありませんでした。

これから陽菜は“穢れ”を置いていくとのことですが、一体どうなってしまうのでしょうか。

乞うご期待です。

 

ま、ま、まただよーーーー!!((((;゜Д゜)))

こ、怖すぎるんですけど…。(;´_ゝ`)

淫習の村では「かごめかごめ」、こっちでは「花いちもんめ」

こういう童謡のホラー系って恐くないですか。

なんか映画とかにもなってますもんね。(゜ロ゜;

 

陽菜ちゃんも怖すぎて泣いちゃってますよ…。

そりゃ、泣きますよね。(´・ω・`)

人間予測がつかないこと起きると、フリーズして恐怖しておかしくなっちゃいますもんね。

 

ちなみにかなーりどうでもいいことかもしれませんが、

「花いちもんめ」を歌っている連中の腰に刺している風車の色がそれぞれ違うんですよ。

…うん、どーでもいいね。(・ε・` )

 

でも、ワタシ、このマンガ読めば読むほどこの世界観にはまりそうです!!(*´∇`*)

色々考察しちゃいそうですもの。

一体淫習の村と滅びの村との関連性はなんなのか、そんなことを考えながら、

ワタシは現実世界での仕事に向かうのでした…。

いってきます。(´д`|||)めんどー

 

淫習の村(いんしゅうのむら)7話 再び仮面の男に連れ去られ

鬼ごっこの最中になんとか逃げ出そうと、里香の助力もあって、

追手をまくことができた陽菜。

 

しかし、道を尋ねようとして、再び仮面の男に連れ去られるっ!

「いや…あそこにはもう戻りたくない…!」

「安心しろ。お前は戻るではない。お前が行くのは子離れの村。…滅びの村だ」

 

そうして陽菜が連れて行かれたのは、まさに“滅びの村”にふさわしい廃村のような

小さな村。

 

そこには、いたるところに小さな地蔵と彼岸花。

そして、色とりどりの風車。

その異様な雰囲気の村に逃げようとする気力も失ってしまった陽菜だったのでした…。

 

も~陽菜ちゃん、なんで村人に声かけちゃうかなあ。( ; ゜Д゜)

そう、村に来る途中であったおっちゃんに声かけちゃったんですよ。

怪しかったじゃない、色々~。も~~。( ´△`)

 

てか、こわっ!!!(((((((・・;)

何、滅びの村って…。( ; ゜Д゜)

しかも、この異様な光景…。

 

いつものようにワタシは夜読んでたから、

またトイレ行けなくなっちゃったじゃないのさーーー!ι(`ロ´)ノ

アワワ…。(*_*)

 

一番怖かったのは、変な赤ん坊の人形。

ぎゃああああああ!!!(´д`|||)

思わず自分が楳図先生のタッチになってましたよ、ほんと。

ホラーですね、このマンガ…。

 

なんだかエッチな要素がかき消されて、それどころじゃなくなったけど、

なんだろ、怖いけど続きが気になるって感じで、早く次読みたくなるかも…。(´・ω・`)

 

ちょっと、次の話よんできます。

あ、そうだ、トイレ行けなくなるといけないから、トイレで読もう!

…いや、水回り系のところは霊が集まるからやめとこ。(´д`|||)

誰かアタシとトイレ付き添ってくださいね。(´・ω・`)

 

淫習の村(いんしゅうのむら)6話 里香ちゃんと陽菜ちゃん救ってあげて~

「やっ、やめっ、舐めないで…」

仮面の男たちに酒を飲まれながら、アソコを舐められている陽菜。

 

里香も酒をアソコに入れられ、指でニュクニュクと弄られてますっ!

二人は顔を紅潮させ、ぐでぐでになってしまいました。(´・ω・`)

祝いの儀式はこれで終わりでした。

 

しかし、これから通常の儀式に移るとのこと。

赤ちゃんができようと、この“鬼”たちには何も関係がありませんでした。

 

案の定鬼畜でしたね。( ´△`)

赤ちゃんのことなんかまったく気にしてないようなそぶり…。

この子供に対する鬼畜っぷりによって男しかいない村になったんじゃないの?(・ε・` )

その、女の立場からしたら、やっぱり「ここにいてはいけない」ってなるだろうし。

つまり、この村は先天的に男しかいないわけではなく、後天的に男しかいない村になったんでは…?( ; ゜Д゜)

 

女の敵っ!!悪魔!!鬼―!!ι(`ロ´)ノ

これは、里香ちゃんと陽菜ちゃん、もう逃げないとだよね。

でも、どうやったら逃げられるんだろう。

タクシーとかバスとか移動手段もなさそうだし…。(´д`|||)

 

早くもう、救ってあげて~。(´・ω・`)

作者さん、里香ちゃんと陽菜ちゃん救ってあげて~。(´・ω・`)

いや、まずは何の罪もない陽菜ちゃん、先にしたげて~。

里香ちゃんは陽菜ちゃんをハメたからちょっとだけおしおき必要ね(^o^;)(笑)

そうね、じゃあ次のゲームは里香ちゃんのみ参加で、

こけしを使った遊びにしよう。

 

さあ、里香ちゃん、このこけしをナカに入れて、上下に動かして―――

里香「ちょっ、やめ、って、これふつーのバ○ブやないかーーーーーい!」

 

…はい!

良いオチがついたのでこの辺で!(ムリヤリ)

では!(*・∀・*)ノ

 

淫習の村(いんしゅうのむら)5話 けん玉の衝撃と振動でアソコはすでにガクガク。(;´д`)

けん玉プレイが始まって、里香と陽菜は必死に腰を動かしています。

しかし、けん玉の衝撃と振動でアソコはすでにガクガク。(;´д`)

 

陽菜は耐え切れず、けん玉が抜けてしまいます…。

「ああ、残念。勝手に遊びを中断するなんてとんでもない。」

そして、仮面の男は周りの般若たちに指示します。

 

「下ろして他の穴も使いなさい」

「そんなっ…」( ; ゜Д゜)

陽菜はアソコと口の両方の穴をふさがれてしまいます。

 

それに加え、今度はおしりの穴まで責められてしまいますっ!!

陽菜は、両方の穴が一杯になるまで、出されてしまうのでした…。

 

や~ん、エッチ~。(・ε・` )

お口も、アソコも、おしりまで使うとか、エッチですね~。(・ε・` )

でも、陽菜ちゃん目がちょっとトロンってしてるというか、

感じちゃってますね。( ´△`)

 

確かに同時に責められると、良いもんね。

ちょっと興奮しちゃったかもしれない…。(* ̄∇ ̄*)

へへへ。(*´∇`*)

 

ワタシ的にはお尻はちょっと未開発のままにしておいてほしいけど、

上と下の口をふさがれるのはちょっとアリかもしんない。

なんか、こう、身動きできない感じが、良い、かも…。

きゃっ(*´∇`*)

 

でも、ずっと上の口ふさがれるのはオエッってなっちゃうから、

やだけど。(# ゜Д゜)

 

今回はワタシ的にツボったのか、結構濡れちまったぜ。( ´△`)

とってもエッチな感じで、陽菜ちゃんの表情も可愛いから、

男性の人はもちろん、女性も興奮するかも。

 

最近あまりにもおふざけが過ぎる凌辱があったので、

ツッコミしかしてませんでしたからね(・ε・` )(笑)

さて、次回はさらに超展開が待っています。

若干ホラー要素もあるかもしれないので、心臓の弱い人はご注意を。

ま、そこまでではないかもしんないけど…一応注意ね。

では!(´・ω・`)

 

淫習の村(いんしゅうのむら)4話 挿入されながらお手玉なんて絶対ムリですよ~。

男しかいない地図にも載らない村。

里香と陽菜は、その村で奇妙な凌辱を一日も絶えることなく受けることになる…。

 

「準備はできましたか」

「んッ、ゃ、っは、ああっ…」

里香と陽菜は仮面の男たちに弄ばれています。( ; ゜Д゜)

 

「今日はお手玉です。さあこれを」

彼女たちはどうやら毎日違うルールの儀式で弄ばれていました。

お手玉を落としたら負け…。

そして、負けた方はもちろん凌辱されるというルール。

 

しかし、お手玉をしている最中も仮面の男たちによる愛撫、挿入は続いたまま。

陽菜は耐え切れず、お手玉を落としてしまうのでした…。

 

はい、今日はここまでです。

続きは本編をぜひ見てください。(´・ω・`)

 

…お手玉ってこんな遊び方もあるんだね~。(-_-)

知らなかった~。(-_-)

でも、挿入されながらお手玉なんて絶対ムリですよ~。

陽菜ちゃん、ドンマイ…。(;´д`)

 

里香ちゃんはというと、お手玉勝負には勝ったけど、

なんだかお預けされたワンちゃんみたいに、ちょっと残念がってたね。

アソコがキュウゥゥゥンってなってたもの…。(-_-;)

もう、飼いならされてるね(;´д`)(笑)

 

やっぱりこういう状況になると、段々慣れてきて、

「もっとぉ~」ってなるのかな…?(´д`|||)

ちょっとそういう状況になったことないから分かんないけど。

 

あれ、そういえば仮面の男たちってドーテー卒業したら、

村から出てって良いって設定だったよね。

ってことは、エッチした男はイッちゃって、

行っちゃったのかな。(^o^;)

 

でも、男からしたらなんかこの合法的に美人とエッチできちゃうっていう毎日があるから、

出ていかなそうだし(-.-)

 

村人全員とエッチしないと、村から出れないって里香が言ってたけど、

これ、男全員仮面してるから、入れ替わっているか分かんないね。

 

二人とも「逃げるんだよぉ~」ってジョジョばりにスタコラしないと、

この凌辱プレイからは逃れられないね。(;´д`)

里香ちゃん、陽菜ちゃん、超逃げて~!!(´・ω・`)