淫習の村(いんしゅうのむら)8話 淫習の村と滅びの村との関連性は?

「置いていきます」

“穢れ”を置いていくか、いかないかの選択を迫られていた陽菜。

進退窮まる中、決断したのは置いていくこと。

 

「置いていくというならあたしらが協力してやろうじゃないか」

「さあ、準備だよ」

 

「かーって嬉しい花いちもんめ」( ´△`)

「まけーて悔しい花いちもんめ」( ´△`)

 

「えっ…なにこれ?なにこれ…?」( ; ゜Д゜)

陽菜にとって全く予測の範疇を超えているのはただただ恐怖でしかありませんでした。

これから陽菜は“穢れ”を置いていくとのことですが、一体どうなってしまうのでしょうか。

乞うご期待です。

 

ま、ま、まただよーーーー!!((((;゜Д゜)))

こ、怖すぎるんですけど…。(;´_ゝ`)

淫習の村では「かごめかごめ」、こっちでは「花いちもんめ」

こういう童謡のホラー系って恐くないですか。

なんか映画とかにもなってますもんね。(゜ロ゜;

 

陽菜ちゃんも怖すぎて泣いちゃってますよ…。

そりゃ、泣きますよね。(´・ω・`)

人間予測がつかないこと起きると、フリーズして恐怖しておかしくなっちゃいますもんね。

 

ちなみにかなーりどうでもいいことかもしれませんが、

「花いちもんめ」を歌っている連中の腰に刺している風車の色がそれぞれ違うんですよ。

…うん、どーでもいいね。(・ε・` )

 

でも、ワタシ、このマンガ読めば読むほどこの世界観にはまりそうです!!(*´∇`*)

色々考察しちゃいそうですもの。

一体淫習の村と滅びの村との関連性はなんなのか、そんなことを考えながら、

ワタシは現実世界での仕事に向かうのでした…。

いってきます。(´д`|||)めんどー

 

淫習の村(いんしゅうのむら)7話 再び仮面の男に連れ去られ

鬼ごっこの最中になんとか逃げ出そうと、里香の助力もあって、

追手をまくことができた陽菜。

 

しかし、道を尋ねようとして、再び仮面の男に連れ去られるっ!

「いや…あそこにはもう戻りたくない…!」

「安心しろ。お前は戻るではない。お前が行くのは子離れの村。…滅びの村だ」

 

そうして陽菜が連れて行かれたのは、まさに“滅びの村”にふさわしい廃村のような

小さな村。

 

そこには、いたるところに小さな地蔵と彼岸花。

そして、色とりどりの風車。

その異様な雰囲気の村に逃げようとする気力も失ってしまった陽菜だったのでした…。

 

も~陽菜ちゃん、なんで村人に声かけちゃうかなあ。( ; ゜Д゜)

そう、村に来る途中であったおっちゃんに声かけちゃったんですよ。

怪しかったじゃない、色々~。も~~。( ´△`)

 

てか、こわっ!!!(((((((・・;)

何、滅びの村って…。( ; ゜Д゜)

しかも、この異様な光景…。

 

いつものようにワタシは夜読んでたから、

またトイレ行けなくなっちゃったじゃないのさーーー!ι(`ロ´)ノ

アワワ…。(*_*)

 

一番怖かったのは、変な赤ん坊の人形。

ぎゃああああああ!!!(´д`|||)

思わず自分が楳図先生のタッチになってましたよ、ほんと。

ホラーですね、このマンガ…。

 

なんだかエッチな要素がかき消されて、それどころじゃなくなったけど、

なんだろ、怖いけど続きが気になるって感じで、早く次読みたくなるかも…。(´・ω・`)

 

ちょっと、次の話よんできます。

あ、そうだ、トイレ行けなくなるといけないから、トイレで読もう!

…いや、水回り系のところは霊が集まるからやめとこ。(´д`|||)

誰かアタシとトイレ付き添ってくださいね。(´・ω・`)

 

淫習の村(いんしゅうのむら)6話 里香ちゃんと陽菜ちゃん救ってあげて~

「やっ、やめっ、舐めないで…」

仮面の男たちに酒を飲まれながら、アソコを舐められている陽菜。

 

里香も酒をアソコに入れられ、指でニュクニュクと弄られてますっ!

二人は顔を紅潮させ、ぐでぐでになってしまいました。(´・ω・`)

祝いの儀式はこれで終わりでした。

 

しかし、これから通常の儀式に移るとのこと。

赤ちゃんができようと、この“鬼”たちには何も関係がありませんでした。

 

案の定鬼畜でしたね。( ´△`)

赤ちゃんのことなんかまったく気にしてないようなそぶり…。

この子供に対する鬼畜っぷりによって男しかいない村になったんじゃないの?(・ε・` )

その、女の立場からしたら、やっぱり「ここにいてはいけない」ってなるだろうし。

つまり、この村は先天的に男しかいないわけではなく、後天的に男しかいない村になったんでは…?( ; ゜Д゜)

 

女の敵っ!!悪魔!!鬼―!!ι(`ロ´)ノ

これは、里香ちゃんと陽菜ちゃん、もう逃げないとだよね。

でも、どうやったら逃げられるんだろう。

タクシーとかバスとか移動手段もなさそうだし…。(´д`|||)

 

早くもう、救ってあげて~。(´・ω・`)

作者さん、里香ちゃんと陽菜ちゃん救ってあげて~。(´・ω・`)

いや、まずは何の罪もない陽菜ちゃん、先にしたげて~。

里香ちゃんは陽菜ちゃんをハメたからちょっとだけおしおき必要ね(^o^;)(笑)

そうね、じゃあ次のゲームは里香ちゃんのみ参加で、

こけしを使った遊びにしよう。

 

さあ、里香ちゃん、このこけしをナカに入れて、上下に動かして―――

里香「ちょっ、やめ、って、これふつーのバ○ブやないかーーーーーい!」

 

…はい!

良いオチがついたのでこの辺で!(ムリヤリ)

では!(*・∀・*)ノ

 

淫習の村~籠目の儀式~ 漫画の口コミ、評判

 

淫習の村~籠目の儀式~ 漫画の口コミ、評判

 

やはり独特のストーリーである事から口コミや評価は様々ですが、面白い思考をこらしている点や昔懐かしい遊びを取り入れたエッチなシーンは斬新であるという事で評価されています。

 

後、フルカラーであり女の子の絵が可愛いという点も高評価されています。

 

読み進めると次が読みたくなる作りになっていて、次々と読んでしまったという口コミもあります。

 

登場するのが女の子2人だけで、色々な女の子が登場する様な方が好きな人にはちょっと物足りないかもしれませんが、少しずつ調教されていくのが好きな方にはオススメという意見もありました。

 

それでもやっぱり独特の内容と攻め方が一番ですね。
ありがちなエッチシーンに感じになっていない点はかなりオススメ出来ます。

 

 

とにかくぶっ飛んだ内容である事から評価は様々ですが、絵は綺麗でフルカラーなので良いです。

 

エッチなシーンもこだわって描いている部分もあるので見ごたえ十分ですし、結構際どく描いてくれている点も高評価です。

 

 

村から脱出した後の話も続きが気になる内容となっていて早く読みたいという評価もあります。

 

読めば読むほど独特の内容であり続きを読み進めてしまう作品であり、一風変わったエッチシーンが好きな方ならオススメ出来る作品であると思います。

 

 

淫習の村~籠目の儀式~ 画像(絵)について

 

淫習の村~籠目の儀式~ 画像(絵)について

 

この作品のキャラの絵についてですが、結構可愛く女の子を書けている上に絡みのシーンもしっかりとしていると思いました。

 

おまけに登場する女の子が1人だけではないというのは素晴らしいです。

 

この手の作品は色々な目にあう女の子は1人だけの場合が多いので見ていてマンネリ化する場合がありますが、2人というだけでそういった事がなくなっています。

 

ただ独特の雰囲気のある場所での話であり、どの様な状況にあるのかという部分が見えにくい箇所もあったので、説明文はありましたが

 

そういった部分をもう少し書き込んでいたら更に良いと思ったのと、女の子が2人出てきますが、似たような顔の為にどちらどっちなのか区別がしづらいという点もちょっとだけ残念です。

 

 

例えばもう一人の女の子の目をちょっと変えるとか髪型が違うとか分かりやすい区別をしていると良かったと思います。

 

後この作品の画像について思った事ですが、色々な登場人物がいる上にそれぞれきちんと描いているという印象を受けました。

 

メインキャラ以外は手を抜いている作品もあったりするのでそういった点は良かったですし、エロいシーンも表現出来る範囲ギリギリを描いていて良かったです。

 

風景の絵が描かれているシーンもありますが、サイズの大きい画像もあったりして手の入れ込み具合も良かったです。