淫習の村~籠目の儀式~ 2話 あらすじと感想

淫習の村~籠目の儀式~ 2話 あらすじと感想

1話で足を滑らせて崖から落ちたという事が分かります。

それからかごめかごめの笛の音が聞こえてきて目を覚ますと拘束されている事に気付きます。

そして身に起こった事を振り返り暗い部屋で何も見えなかった所にいるのですが、徐々に目が慣れていって見えたのは鬼の面を被った者たちで、分からない状況に身を震わせます。

 

その者たちが笛の音に合わせて拘束した女の子の周りをグルグルとまわっている事に気付きます。

鬼の面を被った一人がすぐに決まると言って、音がやんだ時に決まりだと言い女の子の服を脱がします。

 

ここで一話の冒頭へと話が繋がるという話になっています。

そうして事が終わったら拘束を外しますが、また挿れられます。

感じてきたところで最後は中出しされ、気を失い目覚めた時は見覚えのない天井が見える部屋で目を覚まします。

目を覚ましたら親友が隣にいて無事を確認し一安心した所で話が終わります。

 

2話はエッチなシーンがより一層激しく描かれて女の子が感じていますが、そのシーンの後すぐにフィニッシュしてしまうのは早すぎだろうと思ったし

 

中出ししているのですが、女の子は初めてを奪われて間もないのに中に出すという宣告もない状態で中に出さないでというセリフを入れる前にもう一コマ足して、出すというシーンを増やした方があった方が良いのにと思いました。

 

全話無料紹介!!まんが王国はオススメの電子コミックサイトです。

まんが王国に会員登録をすると
全話無料で読むことが出来ます。

まんが王国は、私も3年以上使用している優良な電子コミックサイトで、コミック数も多く安心して使用することが出来ます。

漫画購入前に必ず必要な無料試しが、まんが王国の場合はさらに多くのページを読むことが出来る「じっくり試し読み」がありかなりお得なサービスです。

試しに是非利用してみて下さい!!