淫習の村~籠目の儀式~ 5話 あらすじと感想

淫習の村~籠目の儀式~ 5話 あらすじと感想

4話の終わりに出てきたけん玉の話の続きから始まります。

揺さぶられて感じるシーンと振動と衝撃でおかしくなると思った後、すぐに力が入らなくなりけん玉は抜けてしまいます。

そして勝手に遊びを中断したことに対して指摘され結局は挿入されてしまいますが、他の穴も使うように促されて、口にも陰部を入れらて更にはお尻にも入れられてしまいます。

 

女の子はアソコもおしりもいっぱいになっていると思った後に、中出しされて赤ちゃんができてしまう危機を口に出し、その後それが現実になってしまいます。

 

妊娠した事が分かり、村の者から祝いの儀式を行うことを告げられて体にお酒をかけられていきます。

 

祝いの神酒と言われてアソコの部分に溜まったお酒を村の人たちが飲んでいき、更には舐めてきたところで話が終わります。

 

この話で思った事ですが、今までの話で色々とエッチな事をされた上にある程度激しいネタを出し尽くしたと思いました。

 

その理由は、妊娠してしまったという事を出したからです。

 

まあ当たり前だろと思わせる狙いもあるでしょうが、今までが激しいシーンの連続だったのでここらで一息的な要素を入れ込みたかったのかもしれません。

 

それはそれで一旦リセット出来て読んでいてマンネリ化せずに良いとは思っています。

 

全話無料紹介!!まんが王国はオススメの電子コミックサイトです。

まんが王国に会員登録をすると
全話無料で読むことが出来ます。

まんが王国は、私も3年以上使用している優良な電子コミックサイトで、コミック数も多く安心して使用することが出来ます。